『愛とは、相手を信じ、待ち、許すこと』あの名ドラマ「スクールウォーズ」のセリフです。結婚ってある意味自分の世界に他者を受け入れることでもあると思うんです。例えば一人暮らししていて、自分の生活のリズムとかいろんなことが自由だったのが、結婚すると一人ではなくなるので、相手に合わせないといけないことも出てきます。我慢しないといけないもあります。そんな時にお互いが「我」を通していては良い関係は保てませんよね。お互いがお互いを信じて、待って、許容することが結婚に限らず、人間関係を円滑にするためには必要なのではないでしょうか。そういう意味では、お相手に求める要素は人それぞれで譲れないこともあるかと思いますが、器の大きさと言いますか、包容力だったり、簡単に言うと優しさが一番なのかな。