仕事を「口実」に、自分が未婚であることを正当化する女性がいます。このような女性は、心理学で言う「認知不協和」という心理的罠に陥っていると言われています。

「認知不協和」とは、願望がかなえられない事実に直面したときに、その事実から目を避けるために、真実とは異なった(自分が傷つかない)口実を使って正当化することで、心理学でよく使われる用語です。

ひょっとして、あなたは、認知不協和に陥っていませんか?